出産内祝いの基礎知識

赤ちゃんが誕生した時に何か贈り物をすることの一つに出産内祝いがあります。
出産内祝いの発祥は、親類縁者や友人、近所の人に子供が生まれたことの喜びを込めるという意味で行ったことだといわれています。
つまり自家のお祝い行事の一環として行われてきました。
ですから出産「内祝い」というわけです。


しかし最近では、意味合いが変わってきています。
出産祝いをもらった相手に送るもの、すなわちお返しとして贈り物をするという意味合いの方が強まってきています。
出産内祝いは、出産祝いのお返しだと思ってください。
一般的に出産内祝いを贈る時期は、お宮参りのころです。
通常お宮参りは、生後1か月後に行うのが一般的です。


ところが出産祝いのお返しという意味になると、出産してから1か月以内に出産祝いをくれた人に対しては、お宮参りのころまでに一括で出産内祝いを渡します。
しかし中には、皆さんが出産したことを後で知ったという人も出てくるでしょうから、その場合には遅れて出産祝いをしてくれた人にはその都度お返しをするというシステムになってきています。
ですから出産内祝いを贈る時期に関しては、人によってかなり差があります。
中には、生後半年以上経過してから出産祝いを贈ってくれた人に出産内祝いを渡すというケースも出てきます。


当サイトでは、この出産内祝いに関する情報を詳しく紹介します。
出産内祝いを渡したいけれどもどうやって送ればいいのかわからないという人は参考にしてみてください。

Copyright © 2014 出産内祝いの発祥 All Rights Reserved.